二段階で行われる消費者金融審査

昔は数日かかっていた消費者金融の審査も、現在では一時間以内に出来るところが多く即日融資を可能にしています。融資を受けようとすればまずは消費者金融が用意している申込みフォームに必要事項を書き込み、それを提出するとコンピューターによって瞬時に判断がなされて、第一次段階の判断結果が出されます。この段階では結論は出ませんが合格の結果が出た場合は、本審査でかなり有利になります。第二段階では、事前評価の確認と疑問点をただす調査が行われると同時に加盟先の情報機関か申請者の履歴などの確認が行われ、特に問題が無ければ決済が行われます。


<パソコンやスマホでの申請>

迅速名処理が行われるようになったもう一つの要因は、パソコンやスマホからネット上で申請が可能になり、申請関連書類を瞬時に送り消費者金融側では受信した資料をコンピューターで瞬時に診断するので、中間での人の手を煩わすことなく作業が進みます。


<第二段階での情報収集>

第二段階の情報収集でも、その殆どを通信手段を利用して確認調査が行われるので、迅速な処理が出来ます。逆に言えば、申請者が知らぬ世界で知らぬ間に自分に関する情報がやり取りされているので、不正や虚偽の申告や経歴があった場合は、全て把握されてしまう怖い情報世界になっています。この事を頭に入れて、正しい申告をする事が審査に合格する秘訣でもあります。

コメントは受け付けていません。