消費者金融で審査なしなんてあり得る?

消費者金融を利用する際には審査を行うことが当たり前ですが、自分自身の信用情報にネガティブな項目が多ければ「できるだけ甘い消費者金融がいいなぁ」と思うのも、ごく当然の心の動きです。極端な話では「なんにも調べられなくて金利も低かったらどんなにいいだろう」というところにまで行ってしまうでしょう。そういった所に「審査なし、ブラックOK、超低金利」などの話が耳に入れば、「お!」と心は動くものです。しかし殆どの場合そのような広告は闇金、もしくは紹介屋といった悪徳業者の「吊り広告」です。


<審査がなければどうなるのか>

信用情報機関から取り寄せた情報と提出書類などによって契約するかしないかを決めてゆきます。適正な貸し付けには「回収のリスクを軽減させる」という消費者金融業者側の理由もありますが、「健全な経営を営めるようにする」という利用者に対する義務の側面もあります。調べもしないで誰にでも貸し付ければ焦げ付くような不良債権ばかりを抱えることになりかねません。法律の則った経営に心がければ潰れてしまいますし、審査がない上に潰さないということになれば、法外な金利負担を利用者に科すことになります。法律によって確認すべき点が定められていますので、その点においても審査なしはありえません。甘い言葉に心が動いても、それに乗ってはいけません。ただし銀行のカードローンで書類記入無し、契約所要時間0となっている場合には、これとは違います。

コメントは受け付けていません。