消費者金融によって得るものと得られないもの

お金がない時に利用しようかなと考える消費者金融サービス。そのお金が欲しいという理由によってお金を借りた方が良いのか悪いのかが変わってくると言いますが、本当に目的によってお金を借りるという行為が正当化されるのでしょうか。

今回は審査を受け消費者金融を利用したことで得るものと得られないものについてお話致します。


消費者金融で借金をするということについて

友人との間で本を貸したり返したりゲームソフトを貸したり返したりする行為はよく行われ、かつその行い自体に悪いというイメージはありません。逆に貸し借りをすることで信頼のある関係だと再認識することすら可能です。では何故物を貸し借りすることは良いとされお金の貸し借りは悪いとされているのでしょうか。

それは「お金の価値が流動的であり何にでも変身する無限の価値を秘めているから」です。このような言い方をすると宗教的なイメージが出てしまいますが実際にお金を利用する時値段ではなくそのお金そのものに対して、このお金はこれしか買えない・このお金はこれだけが買えるという決まりがある訳ではありません。しかし本はその本でしかなくゲームはそのゲームでしかありません。そしてお金を手に入れるためには働くという選択肢しか存在しません。そして物を返す際にはその物だけを返せば良いのですがお金を返済するためには利息分として余分にお金が出ていくことになります。ただ手元のお金を増やすためだけにその出費をするということが損をするイメージに繋がり、結果的に消費者金融イコール損をするというものになってしまっているのです。


今しか手に入らない物もある

消費者金融で審査を受け今借り入れして買わなければ永遠に手に入らないものもあります。それは人それぞれなので今ここで断言することは出来ませんが、「その機会を失わない権利」を買うということであればその利息は安いものです。時間を止めることは出来ないのでそのチャンスをそのままにしておくことは出来ませんしそればまた巡ってくるように調整することも出来ません。そのチャンスをつかむために消費者金融でお金を借りるというのであれば、それは良いお金の借り方と言えるのです。

世の中には色々なお金の使い方があり物を買うためにお金を使う方もいればそのお金を増やすためにお金を使うという方もいます。人を不幸にするお金の使い方は良くありませんが自分を幸せにするために借金をすると言うのであればそれは良いお金の使い方なのです。

もしこれからお金を借りようと考えているのであれば、幸せになるという大きな目的のために何かを叶えるという目標を持ち消費者金融を利用しましょう。

コメントは受け付けていません。